美容外科の求人で採用してもらうために必要だったエージェント

エージェントを上手に利用することで成功した美容外科への転職

やはり医療を重視する視点で物事を考えてくれたので、私とは意気投合しやすかったと言えます。
一方で、美容系のエージェントの方はややお金重視という感じがありました。
しかし、ネットワークの広さでは明らかに美容系のエージェントの方が優れていたので情報の多さと信頼性では美容系のエージェントに相談したことが強みになったのです。
この二つを組み合わせたのは正解で、一方から紹介された求人について、他方から情報を聞いてみることもでき、働きたい職場を簡単に決めることができました。
最終的にはつながりが強そうな美容系のエージェントの方から交渉をしてもらって、少しでも有利な立場になろうと考えたのもまた正解だったと言えるでしょう。
それまではよくは考えていなかったものの、形成外科の専門医にもなっている人がキャリア面から見てそう簡単に不採用になるのは信じがたいものです。
きっとこれにはエージェントによる紹介の強さがあるという裏があるのだろうとその頃には感づいていました。
だからこそ意見の合う医師向けのエージェントよりも美容系のエージェントの方に頼って求人に応募しました。
結果は予想通りで、大手の美容チェーンの美容外科に職を獲得することに成功したのです。
採用してもらうためにはエージェントは必須だったと言えるでしょう。
しかし、そのことに気づいたお陰で無事に予定通りのキャリア構築をすることができ、美容外科の開業に向けて進めています。

独立開業のために描いたキャリアパス医師の転職をサポートするエージェントサービスエージェントを上手に利用することで成功した美容外科への転職